“メンキャリ”VOICE
“メンキャリ”VOICE

業務で関わる方々の期待にプラスアルファで応えていく

2018.11.06

佐藤 拓朗/フロントエンドエンジニア 『クリエイター同士が助け合う文化』が魅力 メンバーズキャリアに入社したきっかけを教えてください。 前職は大手プロバイ...

フロントエンドエンジニア中途採用

佐藤 拓朗/フロントエンドエンジニア

『クリエイター同士が助け合う文化』が魅力

メンバーズキャリアに入社したきっかけを教えてください。

前職は大手プロバイダーの開発チームの制作部門で、派遣社員のコーダーとして働いていました。任期満了後、現在の常駐先である大手情報サービス会社の業務に関わることになり、その業務を通じてメンバーズキャリアに入社する縁をいただきました。

メンバーズキャリアでの働き方にはどんな特徴があると思いますか?

帰る場所がしっかりと用意されており、『集団の中での個』であると感じられることが大きな特徴だと思います。前職の派遣会社では頼れるのは自分だけ、独立した個人という働き方でしたが、メンバーズキャリアには『クリエイター同士が助け合う文化』があります。

何かあれば帰って来ればいいし、誰かが困っていれば自分が帰る場所となることもできる。自分が学んだことを仲間に教え合うことで、会社全体でスキルアップすることにも貢献できる。そんな環境がとても気に入っています。

『集団の中での個』であると感じたエピソードはありますか?

初めて講師役としてGitHubの勉強会を行ったとき、勉強会後に新しい現場に移った受講者から「教えてもらったことが今とても役に立っている」という声をかけてもらいました。自分が学んだことを通して皆に価値を提供できたことがとても嬉しかったです。それからも進んで同じクリエイターのために学びの場を作るようになりました。

挑戦意識と現場でのキャッチアップが、より良い提案につながる

日々の業務の中で意識していることはありますか?

『時間とコストが許す限り、プラスアルファを生み出せないか挑戦する』ということを常に考えています。クリエイターの世界は移り変わりが激しいので、業務内でこれまでチャレンジしてこなかったプラスアルファの提案を考えることが、たとえその場で役に立たなくてもどこかで巡りめぐって糧になることがあります。これまでも、常駐先で新しい価値を提供したり、自分のできる領域を拡大することにつながってきました。

プラスアルファの提案はどうやって生み出しているのですか?

1つは業務の中で工夫ができる余白を常に作っておくことです。業務中の工夫で得る学びは、自主的に勉強して得る学びと違い、時間や案件の制約というプレッシャーがあります。より実践的で応用が利く学びになり、新しいプラスアルファの提案にもつながってきます。

もう1つは、周りの様子をよく観察することです。例えば、誰かが何気なく繰り返している言葉に、潜在的に感じている課題が現れていることがあります。課題として認識されているわけではないものの、誰かが抱えている困りごとをいかにキャッチアップしていくか。それがプラスアルファの提案の精度に影響してきます。

そのため、業務で関わる方々とは世間話も含め、できるだけ会話を重ね、観察できる機会を多く作り出すことを心がけています。

日々の積み重ねを大事にできる人が『プロフェッショナル』

挑戦することの原動力はどんなところにあると感じますか?

言われた通りにやるだけでは面白くない、少し変わったことをやってみたいという自分の中の欲求が原動力になっていると思います。当初常駐先の方が持っていた期待を、自分が提案したプラスアルファによって超えていくことにとても喜びを感じます。

佐藤さんが考える『プロフェッショナル』の姿について教えてください。

自分一人で終わらせようとは思わず、周りの人たちと少しずつでも世の中により良いものを作り出そうと動くことができる人。そのために、日々の小さな積み重ねを大切にすることができる人がプロフェッショナルな人だと思います。